麗しの庭

お庭の記録と日々のこと

現役復帰。 

 

おはようございます。

ちょっと前、びわ湖大津館へ行ってきました。
DSC_0215_20161021190640e31.jpg
やっぱ、、春が一番(笑)


さて、
和歌山のおばあちゃんのミシン。
もう何年前だったか、足踏みミシンの台がカッコいいからと、、
納屋から運び出してきて、、車に積んで持って帰ってきたんです。

持ってきてすぐは、とぉぉぉってもカビ臭くてね(笑)
放置してたんですが。
だんだんとカビ臭も消えまして、、でも、ただの物置状態で、
リビングに置いてあったんですよ。

・・・・で、
革のミシンが欲しいと、業務用のミシン購入を師匠に相談してたんですが、、
師匠、アンティークミシンもお好きでね。。
意外と昔のミシンは、丈夫で、革も縫えたりするって、ことで。。
それじゃあ、と、、、
うちのおばあちゃんのミシン、縫えるものなのか、、
診察してもらったところ・・・・

なんと、、結構な分厚さの革も、ぐいぐい縫えることが判明。。

っちゅうわけで、、何十年ぶりでしょう。。
おばあちゃんのミシン。。たぶん80歳くらい???もっと???
・・・が、、現役復帰することになりました。

あぁ、、天国のおばあちゃんに感謝。。
DSC_0216_20161021190642a7e.jpg
ばあちゃんの時代は、メラミンスポンジなんか、なかったやろう???(笑)
って、心の中で話しかけながら、ゴシゴシ磨いて。。

針と、糸は業務用なもんで、そこらへんでは売ってなくて。
でも、すぐに縫いたくって。。

隣町のミシン専門店まで行くと、隠し扉から(笑)
業務用の21番の針を出してきてくれまして。。
糸は、とりあえずジーンズ用の20番にて、セッティング。
DSC_0217_20161021190643538.jpg
上糸調整は、このネジでやるみたいです。

縫い幅は、このレバー。
DSC_0219_201610211906463b6.jpg

それが、、試し縫いを家でやってみたら、、
どうも言うことを聞いてくれない。
師匠のところでは、綺麗な縫い目だったのに・・・・
結構コツがいるようです。

DSC_0218_2016102119064453c.jpg
このネジネジは、布送りのギザギザの金具を調整してくれるようだ。。
イロイロやってるうちに、、ちょっとずつわかってきたような。

ボビンケースとボビン。。
DSC_0220_20161021190717baa.jpg
なんか、中学校時代のミシンも、こんなんだったなぁぁって、思い出しながら。。
・・・・何とか、ご機嫌取りつつ、、カバンの製作しています。

関連記事

category:

tb: --   cm: --

△top