麗しの庭

お庭の記録と日々のこと

ミニチュア靴、わたし流。 

 

おはようございます。

最近、ヒヨドリが庭で騒いでいる。。
DSC_0138_20171214084707f6c.jpg
ローズヒップの争奪戦かな。。


さて、
ミニチュア靴製作、6年。
本に、ネットに、、参考にしてきたものは、さまざまで。。
わたし流の作り方を紹介してみよかなと思います。


型紙は、紆余曲折しながら、現在の形に落ち着いてきました。
これは、ミニチュアネックレス用。
DSC_0140_20171214111122d41.jpg
本当なら企業秘密なのでしょうが、最近ではミニチュア靴を作らはる方は、
たくさんいらっしゃいますし、何より、同じ型紙を使っても、、
選ぶ革、糸、靴ひもによって、さまざまな雰囲気になってくれまして。
ミニチュアの場合、なんというか、良い意味で、ごまかしが効くんです(笑)
それが、革細工の面白いトコロであり、飽き性なわたしが続いている理由なのかも知れない。。

これは、キーホルダー用。
DSC_0141_20171214111124284.jpg
初めて作らはるんなら、大きめから始めるのがおススメです。

麻糸のエスコード中細を愛用してまして、、
ロウ引きして使います。
DSC_0136_20171214221342d59.jpg

レザークラフトの本を見ると、糸の抜けない通し方とか、、
二本で縫う方法とか書いてあるんですが、、わたしは、普通に通すのみ。
たまに、針から糸が外れますが、同じ場所に糸が固定される方が、切れたり不具合があり。まぁ、わたしにしか当てはまらない理由かも(笑)
DSC_0137_2017121422134374c.jpg
二本針で縫うのは、かばんとかややこしい場合だけで、
ミニチュア靴では、一本で縫います。

後は、穴に間違えず通していくのみ。
DSC_0138_201712142213452dd.jpg
固い時とか、指が疲れて来たら、ペンチを使って針をひっぱります。
大学時代は、軽音楽部でギターやってたので、指力には、自信あり笑笑笑

なみ縫いを二周して、、縫い上がり。
DSC_0139_201712142213464f6.jpg
このまま、お水にドボンと沈めます。
成形がしやすい濡れ具合が、あるんです。

ある程度全体が濡れたら、成形。
DSC_0140_20171214221348045.jpg
ぎゅうぎゅう革を伸ばしながら、好みの形にしちゃいます。
一緒に、靴底のヘリを磨きます。
トコノールとか、トコフィニッシュとかも持ってはいるんですが、、
あんまりテカテカしたのが好みではなくって、最近は使いません。
ヘリ磨きは、木製のとプラスチックのと二つあって、、木製が好き^m^

ヌメ革は、ぷっくりさせやすくてイイです。
DSC_0141_20171214221438d58.jpg

靴ひもをピンセットで通して、結んで出来上がり。
DSC_0142_201712142214393ad.jpg
ワックスコードって紐だったかな。カラーバリエーションも豊富で
リーズナブル。
カジュアル&ポップな感じに仕上がります。


次は、ネックレス靴。。
いきなり縫い上がり(^O^)
DSC_0143_201712142214414c9.jpg
靴底の縫い目も見せたいので、糸の処理は隙間でやって
隠しちゃいます。

成形して。。
DSC_0144_20171214221442092.jpg

紐を通しておしまい。
DSC_0145_20171214221444222.jpg
これは、「アミレザー」っていう革紐を使っています。
ちょっと上品な感じに仕上がります。


金具や紐を取り付けて、
DSC_0136_20171215085638167.jpg
完成です♪


ご興味わきましたら、、、ミニチュア靴、、作ってみてくださいませませ♪
革の魅力に、はまるかも???
関連記事

category:

tb: --   cm: --

△top