麗しの庭

お庭の記録と日々のこと

肥料をぼかしてみるわ。。。 

 

おこんばんは。。


悪い顔・・・してるなぁぁ(笑)
DSC_0011_2013110520153592a.jpg



さて、
覚書なので、あまり参考にならないかと思いますが、
今日の微生物(笑)
ご興味があれば。。。。


堆肥と肥料の境目。。。
窒素炭素率の高いの低いのの違い・・でしょか。
CN比20以上が堆肥で、以下が肥料??

発酵と腐敗の違いは・・・、有用アミノ酸ができるか、アンモニアになるかの違い??
もう、よくわかりませんが(笑)

米ぬかがたくさんあるので、肥料をぼかしてみようかと思いまして。。。

米ぬか2kgくらいかな・・・に、中途半端に袋に余っている油粕、骨粉、草木灰を混ぜておきました。
くん炭も入れました。
DSC_0175_201311261747442e2.jpg

買ってきたのは、こんなけ。
魚粉500gは初めて購入。
いつも、我が家ではこの油粕1kg、骨粉1kg、草木灰800gがだいたい一年間でなくなる量。
あと、プラス、バラの肥料って小さな袋も一つ一年間で使う感じ。
裏面の施用量よりずいぶん少量、わたしの感覚頼りなので、適当です(笑)
DSC_0172_20131126175345c53.jpg

肥料分調べてました。

油粕N:P:K=5.3:2.0:1.0  CN比 7
骨粉N:P:K=― :36 :-
草木灰N:P:K=-:0.24:6.67 苦土0.36
魚粉N:P:K=7.0:6.0:-
米ぬかN:P:K=2.0:3.9:1.5 CN比 16
くん炭N:P:K=0.46:0.24:1.2 炭素2.7 石灰0.7 ケイ酸32

魚粉って、窒素リン酸ともに高めなんだなってことと、米ぬかって窒素肥料と
思ってたけど、リン酸のほうが多かったんや。。
くん炭のケイ酸って、なんだ??って言うのが・・・感想です・・・。

ってことで調べました。
ケイ酸って稲の生育に重要な要素とのことで、最近のたんぼにケイ酸が不足しているって
記事がありました。

ケイ酸の役割と効果
  光合成能力の向上、根の酸化力の向上、病害虫に対する耐性の向上、耐倒伏性の向上
ですって。。。またくん炭一掴みが、、がっつり大きくなってしまいそうです^m^

細かく、全体量からNPKをグラムで出せるんでしょうが、ま、、、自分の庭のだから
省略(^_^;)

11月26日
袋の余りものを混ぜてあるので、魚粉全部、油粕草木灰は半分入れました。
DSC_0176_20131126174746852.jpg

水は、いつものコメのとぎ汁培養液。2l弱。
DSC_0177_20131126174747e5d.jpg
団子さんつくって、軽く崩れる程度まで混ぜ混ぜ。

温度13℃、PH6.8、湿度40%から開始♪
DSC_0178_20131126174847b4b.jpg
すでに、パン種みたいな香りがします。酵母が頑張ってるのかな。。

いつも、堆肥づくりで急激に測定値が変わってくるのは、1~2週間の間だったので、
ちょっとま毎日観察したいと思います。



また、忘れた頃に・・・「楽しきかな無農薬栽培」で♪
関連記事

category: 楽しきかな無農薬栽培

tb: --   cm: --

△top