麗しの庭

お庭の記録と日々のこと

黒いテンテン。。 

 

おはようございます。

祇園祭のお花、檜扇。
DSC_0039_201507101613100cf.jpg
種から育てて、やっとここまで。
葉っぱが、扇のよう。


さて、
和歌山のおばあちゃんちに咲くオニユリ。
ムカゴを持ってきて約3年。。オニユリの球根って、食べれるんですね♪


6月23日
青いフェンスに映えるかなと思って。
DSC_0306_20150623080758eb4.jpg
鉢植を表に持ってきました。

6月27日
ちょっとづつ蕾が伸びています。
DSC_0018_20150627214924080.jpg

裏庭の地植えさんと、どちらが早く咲くかな。。
DSC_0014_2015062721492283d.jpg

7月9日
まだか、まだかと、、
DSC_0008_201507092245226ba.jpg
待ってる。
地植えのほうが断然立派で良いと思う。

7月13日
朝起きて、シャッターあけたらすぐ気が付いた。
蕾からの変わりっぷりがすごい。
DSC_0034_20150713114131f4a.jpg
咲いたで♪って、アナベルとお話しております。
DSC_0035_20150713114132002.jpg
黒いテンテンが、素晴らしい。
DSC_0036_2015071311413393a.jpg

表の鉢植さんも、一緒に朝咲いてました。
DSC_0029_20150713114128c6f.jpg
香りはわかんなかった。。。
にょ~~~って、ろくろ首です(笑)
DSC_0030_2015071311413017d.jpg


ユリ科・ユリ属の多年草、植物。
学名 Lilium lancifolium
英名 tiger lily
別名 テンガイユリ(天蓋百合)
原産地 日本
自生地 グアム東部、中国、朝鮮半島、日本
開花時期 7月~8月
花色 橙に黒い斑点、橙赤、赤黄
草丈 1~2m
葉長 5~15cm
花径 20~25cm
用途 鱗茎(球根)がユリネ(百合根)で食用になる。
日本では北海道から九州の平地から低山で見られる。
一説には中国からの渡来種と言われている。

<特徴>
オニユリは、香りのある橙色の花を咲かせる球根植物。
草丈、1~2m程となる大型のユリになる。
葉は小さめの披針形で先端はゆるく尖る。
互生といって、茎のふしに1枚の葉が互い違いについている。
また、茎には紫褐色で細かい斑点がある。
種子は作らないませんが、葉の付け根に
黒紫色のムカゴと呼ばれる珠芽を付ける。
ムカゴは食用となる。
花は橙色で黒い斑点が多数入り、先端が強く反り返る。
オニユリの鱗茎(球根)は大型で、ユリネ(百合根)として
食用となる。
微かな甘みとでんぷん質がある。
関連記事

category:

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

kira-kiraさん♪

長かったような…短かったような(笑)
そんな三年でした♪
ほぼ放置な感じなので、強い百合なんでしょうね。
食料難になったら掘り起こして食べます
o(^-^)o

子供の頃の思い出の百合。
わたしも和歌山で毎年見てたのかも知れませんね。
大きな黒い蝶々と一緒に。
むかごがポロポロ落ちるもんで、庭じゅうオニユリだらけになるかも知れません。。

(*^o^*) #- | URL | 2015/07/14 10:34 | edit

鬼百合

3年、長かったですね。水やりを忘れずに良くお世話しましたね(^o^)v

そういえば、冷蔵庫に転がってた百合根を植えてみたらオニユリが咲いたというブログ記事をどこかで読んだ気がします。

オニユリは「夏」という雰囲気がします。
子供の頃の夏休み中に咲いてた記憶からかしら?
子供の頃は、このオレンジに黒い斑点が禍々しく感じたのか好きじゃなかったんですが、今は夏らしいユリと感じ嫌いではなくなりました。

kira-kira #EkSFElZU | URL | 2015/07/14 09:28 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top